【雨天時の京セラドーム大阪に行くなら知っておきたい!】イベント当日の防雨対策を解説します!

  • URLをコピーしました!
このように思うことってありませんか?
  • イベント当日は雨予報だけど、傘は邪魔になるし持って行こうか迷っている…
  • 雨に濡れずに京セラドーム大阪内に入りたいけど、入れるのかな?
  • 持って行くのに最適な雨具を知りたい!

京セラドーム大阪はドーム型の球場および多目的複合施設なので、よほどの自然災害でない限りは、おそらくイベントは開催されます。

当日が雨予報の場合、降水確率や出発する時の天候によっては荷物になるので雨具を持って行こうか迷いますよね?

雨に濡れたくないのも当然です。

そこで本記事では、雨天時の京セラドーム大阪に入場するまでの防雨対策を解説していきます!

ぜひ参考にしてください!

目次

京セラドーム大阪イベント時に雨具は必要です

京セラドーム大阪はドーム型の多目的施設なのでイベント中は雨具は必要ありませんが、構造上、入場ゲートまで行くまでに屋根のない場所を通るので、雨に濡れたくなければ雨具は必要です。

入場ゲートに行くまでの動線に
屋根はありません
外周通路に少しだけありますが、高さがあるので濡れてしまう可能性が高いです

京セラドーム大阪周辺の構造上、入場ゲートにたどり着くまで屋根のないところを通ることになりますが、できるなら濡れたくないですよね?

そこで、雨を避けるための最短ルートを解説していきます。

雨を避けるための最短ルート

STEP
ドーム前駅、もしくはドーム前千代崎駅で下車
阪神なんば線ドーム前駅
長堀鶴見緑地線ドーム前千代崎駅

JR大正駅からは京セラドーム大阪までは徒歩5〜10分くらいかかるので、イオンモールに直結している両駅を利用しましょう。

ドーム前千代崎駅下車の場合はSTEP2〜、ドーム前駅下車の場合はSTEP3〜ご確認ください。

どうしてもJR大正駅から下車する場合、長堀鶴見緑地線に乗り換えてドーム前千代崎駅に行く方法もあります。

JR大正駅→長堀鶴見緑地線への乗換方法はコチラをクリック
改札を出て左に向かいます
すぐに改札に続く地下道への
入り口が見えます
階段を降ります
右に進みます
まっすぐ進むときっぷ売り場と
改札が見えてきます
改札を通ります
階段で降ります。始発駅なので
乗車ホームで迷うことはないでしょう。
次のドーム前千代崎駅で降ります。
先頭車両に乗車すると、降りた目の前に
上りエスカレーターがあります
改札に到着です
STEP
コンコースを通ってイオンモール館内へ

改札を出て左へ進みます
直進します
突き当たりを右に進みます
直進するとイオンモールの入口が見えてきます
STEP
館内に入ったら2階へ
イオンモール館内に入ります
まずはエスカレーターで1階に向かいます
エスカレーターで上がりきったら左へ
さらに2階へ上がります
STEP
2階からデッキへ
2階に上がったら右側に折り返します
靴屋さんの角を左に曲がります
直進して外に出ます
デッキに到着です
STEP
入場ゲートへ

デッキ部分は屋根がないので、
足元が滑りやすくなっています。
チケットに記載されている入場ゲートまで
行きましょう
外周通路には屋根があるので
多少は雨に濡れずに通行が可能です。

上記で案内したルートはイオンモールと入場ゲートをつなぐデッキ部分がアーティストのグッズ売り場になっていることがあります。そのような時は最短ルートで3階入場ゲート階に入ることが出来ないので、別ルートを解説します!

イオンモールと入場デッキをつなぐ出入口が閉鎖されている場合の別ルート

ステップ3までは同じルートを辿ります

STEP
ドーム前駅、もしくはドーム前千代崎駅で下車
STEP
コンコースを通ってイオンモールに入ります
改札を出て左へ進みます
直進します
突き当たりを右に進みます
直進するとイオンモールの入口が見えてきます
イオンモール館内に入ります
STEP
2階へ上がります
まずはエスカレーターで1階へ
1階に上がったら左に曲がって
エスカレーターで2階へ
STEP
最短距離ではデッキ入口がグッズ売り場になっている影響により出入り口が閉鎖されているので、そのまま直進して外へ出ます
2階に上がりました
直進します
外に出ましょう
STEP
入場デッキへ

外に出ると入場ゲートまで屋根がないので、ここから先は雨具を利用しましょう

右に進みます
ここから屋根がなくなります。
ドームの方に進みましょう
ここから左右どちらかの入場ゲート階に
進みます
5〜11ゲートは左側へ
12〜14、1〜4ゲートは右側へ

オススメの雨具は?

折りたたみ傘(晴雨兼用タイプ)

イオン館内を通れば入場ゲートまではすぐなので、大きな傘は必要ありません。

座席周辺も広くはないので大きな荷物になるようなものは極力避けるようにしましょう。

グッズ購入時に並ぶ時の対策として、夏の強い日差しや急な雨にも対応できるの晴雨兼用タイプが良いでしょう!

コンサートやライブに行かれる方のオススメ折りたたみ傘はコチラをクリック

12色ものカラーがあるので、好みに合わせて選べます!収納ボックス付きなのでカバンの中に収納しても濡れることがありません。

なんと言っても手のひらサイズが大きな特徴の折りたたみ傘です!自動開閉機能がついています。欲しい機能が付いてしかも場所を取らないので普段使用するカバンの中に入れておくだけでも安心感が違いますね!

度々メディアでも取り上げられている、メンズ専用の折りたたみ傘です。

サイズも55センチ以上あれば問題ありません!

カバンの中に入れておけば、いざという時に必ず役立ちます!

使い捨て用ポンチョ

ポンチョやレインコートは当然ながらイベント中に干して乾かすことができないので、使用後に処分できる使い捨てタイプがオススメです。

急に雨が降ってきた場合は?

京セラドーム大阪周辺施設(イオンモール、ビバホーム、フォレオ)で購入できます!

まとめ

京セラドーム大阪に入場するための雨に濡れない対策
  • 京セラドーム大阪の入場ゲートまでの動線上、雨具がない場合は雨に濡れてしまう
  • ドーム前駅、もしくはドーム前千代崎駅で下車
  • イオンモール館内を通って2階から入場ゲートを目指す
  • グッズ売り場によってルートが変わるので事前に確認
  • 雨具は晴雨兼用でかさばらない折りたたみ傘がオススメ
  • 場合によっては隣接している施設(イオンモール、ビバホーム、フォレオ)で傘を購入

いかがでしたか?

雨の日でも快適にイベントを楽しめた!と言えるような、思い出に残る素敵な時間をお過ごしてください♪

デッキ部分は濡れていると滑りやすくなっているので、足元に気をつけてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次